Japan Feis (アイリッシュダンス競技会)タイムテーブル

2016.10.21 Friday | by Tomoko Shirasawa

Japan Feisのタイムテーブルをお知らせします。


Japan Feis (アイリッシュダンス競技会)開催のお知らせ

2016.09.06 Tuesday | by Tomoko Shirasawa
この度、初めて日本でアイリッシュダンス競技会を開催することになりましたので、以下の通りお知らせします。

−主催:Ardagh School of Irish Dance

−開催日時:10月29日(土)


−会場:横浜カントリー&アスレチッククラブ

   http://ycac.or.jp/wp/


−参加国:台湾、香港、上海、アメリカ


ー後援:アイリッシュダンス協会CLRG*、アイルランド大使館

*CLRG:An Coimisiun Le Rinca Gaelacha http://www.clrg.ie/

−問合せ先:Ardagh School of Irish Dance 白澤 知子

詳細につきましてはシラバスをご参照ください↓。


Grade Exam
https://www.clrg.ie/images/downloads/exams/Grade%20Syllabus%202015.pdf



World Championships in Montreal, Canada

2015.04.08 Wednesday | by Tomoko Shirasawa
先週カナダ・モントリオールで行われたアイリッシュダンス世界選手権にアルダースクールから村松さんが出場しました。

アイルランド、イギリス、アメリカ、オーストラリア、カナダでは地域毎の予選(Oireachtas:オラクタス)の上位入賞者がこの世界選手権の出場資格を得られます。
日本人がこの世界の舞台で踊るにはヨーロッパ選手権で5位以内に入賞する必要があります。彼は昨年オランダで行われた大会で4位入賞を果たし今回の出場に至りました。

彼が一緒に踊ったのはミッドアメリカの優勝者、世界選手権優勝候補で存在感のあるダンサーでしたが圧倒されず冷静に踊りきったと思います。
世界選手権では上位1/3に入らないと正式な順位がでないことから今回は順位なしです。
これで彼は3度目の世界選手権、大会を経験する毎に踊りに変化があり今回の経験が彼の中でどう消化されていくのか楽しみです。

Muramatsu、Good Job!


アイリッシュダンスコンペティション in Canada and USA

2013.06.24 Monday | by Tomoko Shirasawa

当スクールのダンサーたちが先週末カリフォルニアで行われたLucky 7 Feisと先々週末バンクーバーで行われたBeautiful British Columbia Feisに参加してきました。

アメリカ、カナダの中でも西海岸地区はとてもレベルが高く、参加人数が多いためメダルを獲得するのは非常に難しいです。しかも参加カテゴリーは10代前半のPrizewinner、PreOpenレベルとなると本当に大変なのです。


でも!そんな強豪揃いの中、メダルやトロフィーを獲得したようです!!


Well Done!!


カナダに移住したダンサーとの再会。彼女たちも新しいスクールでダンスを続けていて今大会でもメダルを沢山獲得したそうです。また将来有望なダンサーの一人にも選ばれたとか・・・今後が楽しみです!


上海 Feis 2013

2013.03.18 Monday | by Tomoko Shirasawa
3/9(土)上海にてアジアで初めてアイリッシュダンスのコンペティションが開催されました。
上海はもちろん、香港、台湾、韓国、ロシア、アメリカ、日本からダンサーたちが参加、当スクールのダンサーも沢山のメダルとトロフィーを獲得しました!

通常のコンペだと同じスクールのダンサーとは一緒に踊れないのですが、今回は初めての大会だということもあり同じスクールのダンサー同士で踊れたため初めて参加する子供たちにとってはとても良い機会でした。みんなリラックスして踊れていたと思います。

初めての大会だったので、待ち時間が長かったり、スケジュールが発表されなかったり、ミュージシャンが右手を骨折していたためCDの演奏だったり、踊っているときに曲がきれたり・・・色々ハプニングはありましたが、アットホームで楽しいコンペティションでした。
参加出来て良かったです。






World Championships in Belfast

2012.04.10 Tuesday | by Tomoko Shirasawa
ベルファストで行われていたワールドチャンピオンシップが終了しました。
当スクールからは村松さんがOver21のSeniorの部に参加。

結果、残念ながらリコールは呼ばれなかったものの27位と大健闘でした。
本人から、いろいろ問題はあったがとりあえず踊りきったと連絡があったので
ほっとしました。
結果云々の前に初めての大舞台でパーフェクトではなくても自分の踊りができたことは
楽しめただろうし、何より本人の自信に繋がったはずです。
世界にはやはり素晴らしいダンサーがたくさんいて、でもそこで自分の実力を試すこと
ができるというのは貴重な経験です。誰もが経験できることではありませんから。
悔しがってはいたものの、昨年夏からヨーロッパチャンピオンシップの準備に入り、
ワールドチャンピオンシップまでかなり練習してきました。
本当によく頑張ったと思います。
お疲れ様でした!


今年のワールドチャンピオンダンサーによるダンスの動画です。

An Coimisiún Senior World Champions Exhibition 2012 
http://www.youtube.com/watch?v=QA9rbffKPaY


ワールドのメイン会場

ワールドチャンピオンシップ出場決定

2011.11.29 Tuesday | by Tomoko Shirasawa
ヨーロピアンチャンピオンシップから戻りました。
大会後、私はちょっと足をのばしてスペインのセビージャまで行ってきました。
やっぱりヨーロッパって素敵ですね。短い滞在でしたが、しっかりリフレッシュできました!

さて、今大会の結果はタイトルに書いた通り、村松さんが来年4月にベルファストで行われるワールドチャンピオンシップの出場権を獲得しました。

今野さんが出場したSenior LadiesのOver20カテゴリーは参加者が40人弱と今大会中一番の
激戦区。他の年齢カテゴリーではRecallなどなかったのですが、Over20のみRecallが適用されました。結果、残念ながら上位11人のRecallに入らなかったため順位はつきませんでした。。

村松さんが出場したのはSenior MenのOver20。上位7位までがワールドの出場資格を得られるということでした。そして別の7位のダンサーとスコアが同点だったため、ワールド出場が決定しました。
村松さんにおいては、悔やまれる点が多く、1stラウンドのHeavy Jigでまさかのタイミングミス!!一緒に踊ったのが今大会のチャンピオンダンサーということもあり、横で動く速さとか音の大きさとかでかなり面喰ったのだと思います。焦りが踊りに出てしまい、落ち着いて踊れず全体的にちょっと走り気味でした。

緊張からくる疲れや体調不良などで、コンペティションでベストコンディションで踊れたことなど私自身の経験でも一度もありません。でもある程度実力通りの踊りができるように調整しないと悔しさが残りますね。二人にとってはとても良い経験になったと思います。指導する私にとっても課題が多く残った大会でした。

村松さんには、ワールドで良い踊りができるように全力で頑張ってもらいたいと思います。

まずは、出場者の二人、お疲れ様でした!!



大会直前の様子


出番前1


人がどんどん集まってくる!


ワールド出場者8名の表彰式。


お疲れ様でした!

European Championships

2011.11.17 Thursday | by Tomoko Shirasawa
今週末ミラノで開催されるヨーロピアンチャンピオンシップに2人の生徒が参加します。

この大会の上位に入るとワールドチャンピオンショップの出場権が獲得できます。 
そして今年初めて日本のスクール参加の許可がおりました。

出場する2人には、力まず自分の踊りをしてもらえたらと思います!

Viena Feis

2011.10.28 Friday | by Tomoko Shirasawa
去年からはじめたダンサー3人が10月1,2日に行われたViena Feisに参加してきました〜!

3人ともダンスをはじめて1年ちょっと、1人は怪我をしてブランクがあったにも関わらず
準備をして、ビギナーレベルとプライマリーレベルに出場してきました。
直前に体調を崩したり足の具合が悪くなったりと大変そうでしたが、全員メダルを取って
無事帰国しました。

ウィーンのコンペティションは比較的出場者が多く、どのカテゴリーも20人以上いたようです。
結果はビギナーレベル1〜7位、プライマリーレベル1〜5位。
プライマリーの方が1位が多い
ビギナーレベルでは気合いが入りすぎたのかもしれませんね。

コンペティションに参加できたことで、他の国のダンサーや上級者の踊りをみて
基礎がいかに大切か、また自分の踊りについて考えなければいけなかったはずなので
良い勉強になったと思います。
何より今回自信を持てたこと、踊る上で何かヒントなどそれぞれ感じていると思うので
是非今後に生かしてほしいです。
お疲れ様でした!

Summer Feis 結果

2011.09.05 Monday | by Tomoko Shirasawa
1か月程前になりますが、Ardagh Schoolの生徒達がロサンゼルスで行われた
Maitiu O'Maoileidigh Summer Feisに参加してきました。

このコンペティションは参加人数が多く、年齢レベル種目別にわかれているのですが
それぞれのカテゴリーに20人以上いたようです。
ここまで沢山いると入賞するのは難しいのですが、生徒全員メダルを獲得して帰国しました!

結果:
Beginner II Hornpipe 1位
Beginner II  St. Patrick's Day 2位

Novice Reel 4位 
Novice Single Jig 1位
Novice Treble Jig 4位
Novice Light Jig 2位、4位
Novice Slip Jig 4位
Novice Treble Jig 4位

Treble Reel Special 5位

Pre-Open Championships
Soft 1位
Hard 3位
Set Dance 3位
総合 2位

*同順位は省略。
 
Gallaryにも写真をアップしましたのでご覧ください!
  

Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM